おやめいけのヘロヘロ酒日記

oyameike.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

天の戸 純米吟醸 亀の尾 ひやおろし

a0109453_053176.jpg

案内より:「丹精込めて育んだ地元産亀の尾を全量使用し、
低温でじっくり熟成させ亀の尾の持つ秘めた味わいを
充分に醸し出している逸品。」
控えめな吟醸香、熟成された香りも微かに感じられます。
サラリとした飲み口ですが、独特の酸味が舌の回りに一瞬拡がって
消え、ほのかな甘味を感じながら洋梨のような残り香が楽しめます。
常温かぬる燗でより味わいの幅がぐんと引き立ちます。

天の戸 純米吟醸 亀の尾 ひやおろし 1.8L 3400円 720ml 1700円
使用米:地元産亀の尾 精米歩合:55% 酵母:AK-1 
日本酒度:+4 酸度:1.8 アルコール分:16.5度
浅舞酒造株式会社 秋田県平鹿郡平鹿町浅舞字浅舞 

追記:
亀の尾サミットの公式HPです。
http://www.dewa.or.jp/kamenoo/topics/index.html

「亀の尾」(酒米)のお酒が今一解りません。
独特の酸味(うまく表現できないです)が
立ってしまい、旨味が伴わず、バランスが?
お米の価格が高いのか、お酒の値段が高いのもネックです。
昔、ある方が「亀の尾は軟水に合う。F井のH垣さんが仕込む。
Y野のH巴が仕込んだらおもしろいのでは。」
もっと勉強します。まずは地元で唯一「Yがらす」ですか・・

これまでに飲んだ「亀の尾」での感動は、
亀亀覇 山廃純米吟醸 13BY 1.8L 5230円
初めて亀の尾を山廃で仕込まれたお酒です。
素直に読んで「かめかめは」です。
[PR]
by oyameike | 2007-10-28 00:05 | 地酒 | Comments(0)

鹿児島・大隈酒造 芋焼酎「八重丸」って?

画像は今日問屋さんが納品に持ってきた段ボールです。
(中身は違いますけど)
a0109453_23213447.jpg


「こんな蔵元、焼酎知らん!」
調べてみるとサントリーさんでした。
http://www.suntory.co.jp/sho-chu/yaemarusorekara/html/oosumi/oosumi_index.html

以前、大学時代のゼミの先生を囲む飲み会の
居酒屋でメニューにある富乃宝山など有名銘柄の焼酎は
ほぼ品切れで 結局訳の分からんサントリーの焼酎を
飲まされました。
大手の料飲店は、ビールメーカー主導で納品業者から
メニューまで決まっているようです。

あるチェーン店で県内の地酒を置いていると言う事で
アポとって取り扱い商品リストとサンプルを持って
商談に行きましたが、おっしゃるには
「今の業者と値段調べます。」
「イベントで協賛していただけますか?」
(森伊蔵、魔王は沢山空瓶が並んでました)

小さなお店でも店主がお酒好きで、
お客さんに丁寧に説明されて、
おいしく飲ませていただける料飲店さんが良いですね。
[PR]
by oyameike | 2007-10-25 23:24 | 焼酎 | Comments(0)

曙 特別純米酒 17BY

仕入れた際に、冷やできき酒をして、バランスが悪く価格的に高かった為に
販売せずに冷蔵庫へ入れっぱなしでした。
a0109453_2394715.jpg

本日、お持ち帰りいたしました。
冷では、おお!味わいのバランスが抜群に良くなっている。
淡麗でありながら最後に酸味と極ほのかな甘味を感じながら
咽喉へ流れていきます。
確かに魚との相性は良さそうです。

燗にすると上品な甘味が全面に出て、酸味と共に味わいも
グッと引き立ってきます。
見直しました。

ちなみに、
この蔵元のお酒は、曙の横綱昇進パーティーで樽の鏡割りで
使われたそうです。
若い蔵元兼杜氏が僅か200石程を丁寧に仕込み
全量槽かけで搾られているそうです。
これから楽しみなお蔵さんです。

ラベルに「有機」とあり、
「平成17年認定富山の酒 富山県地酒呼称委員会」の
認定シールもあります。

使用米/精米歩合 麹米:富山県産五百万石/50% 
掛米:富山県産雄山錦/55%
アルコール度数富山県氷見市 高澤酒造場 1.8L 2940円
[PR]
by oyameike | 2007-10-13 23:17 | 地酒 | Comments(0)

宮の井 山廃純米 16BY 

『宮の井』は『奥播磨』下村酒造店の地元流通の旧上撰酒の本醸造酒が山廃純米酒の熟成酒としてリニューアルされました。

a0109453_2338549.jpg


案内より「永らく皆さんに親しまれて来た商品でありますが、
ここ数年弊社の掲げる「より味わいのある日本酒の提案」とは
少しズレが生じ始めて参りました。また、これまで純米酒や低温貯蔵が当たり前で、
その扱いが難しい事も消費者の日本酒離れにつながっていた事も事実であります。
そのような中、自分達の得意とする、純米酒で山廃仕込。さらに熟成を加える事により、
しっかりとしたボディーで味わいのある日本酒。尚且つ常温でも耐える日本酒の
提案をする事としました。コスト面では少々厳しい面もありますが、この事は本格的な
日本酒の提案を目指す「下村酒造」にとっても、また日本酒の未来のためにも
最重要課題と位置付け決断する事としました。本醸造酒に比べ山廃仕込の純米酒は
味が濃厚で、始めての方には戸惑いもあると思いますが、今後の日本酒の文化のために、
何卒御理解賜ります様お願い申し上げます。」 

冷やでは、酸味がまず感じますが、しっかりとした味の料理と一緒に飲み続けていると
気になりません。
燗にすると酸味も柔らかく、滋味豊かな味わいが拡がり、やはり燗がおすすめです。
燗冷めでさらに味わいが優しく、さり気無くするすると入っていき、
ずっと飲み続けていたいと思えるお酒です。2000円以下の価格でじっくりと熟成されており、
山廃の燗酒がお好きな方なら傍らにぜひ常備しておきたいお酒です。

使用米: 精米歩合:70% アルコール分:15~16度 日本酒度:
酸度:  *酒質データが未確認です。

兵庫県姫路市 下村酒造店
宮の井 山廃純米 16BY 1.8L 1943円
[PR]
by oyameike | 2007-10-12 23:39 | 地酒 | Comments(0)

小布施ヌーヴォー2007 ホイリゲシュトルム コンコード赤

ワイナリーの案内にあった15日より早く本日到着!
去年はあっという間に無くなってしまい飲めなかったので、
多めに発注し1本先にいただきました。
a0109453_23143582.jpg


グレープ・カルピス!!
搾り立ての濃いぶどうジュースの味わいそのもの。
酸味も感じず、べたべたとした甘さも無く、
上品な甘味があり、口あたりが良く
既にほぼ1本空きそうです。

ウィーンでは新酒ワインのことをホイリゲと呼ぶそうで、
シュトルムは醗酵途中の甘い濁りホイリゲワインのことです。

コンコード種使用。酸化防止剤無添加、Non filtration (無濾過)
アルコール分:8%

同時に、ホイリゲ・シュトルム白、
醗酵ホイリゲ赤、白も入荷しています。

いかん、完飲、試飲用がのうなってしもた・・
[PR]
by oyameike | 2007-10-11 23:14 | ワイン | Comments(0)

大七 自然酒生もと純米古酒1992 開栓一年常温放置

亡き名杜氏伊藤勝次氏、金田一政吉氏が1992年度に醸し、14年間低温熟成されていた逸品が、昨年11300本限定で発売になりました。 (完売になりました。)
a0109453_23105016.jpg


裏ラベルより:「この商品は、減農薬減化学肥料栽培米を使用した、1992年産の自然酒生もとを、低温倉庫で瓶のまま貯蔵していた限定品です。是非、ぬる燗でお召し上がりください。」

2006年8月入荷時のコメントです。
色は、少し黄色ががっている程度ですが、とても明るく活き活きとしています。
冷やして飲むと熟成香を感じますが、嫌味な香りは全くなくからっと突き抜けたような爽やかさすら感じます。酸味も丸く穏やかでバランス良く、ボディも十二分に感じ、独特の古酒の癖がなく飲めてしまいます。
常温で少し苦味や渋みが出てきますが、生もと系熟成の香ばしい香りが拡がります。
ぬる燗につけると、肌理の細やかさと幅のある味わいが柔らかくまろやかにするするとお酒が入っていきます。少し酸味や苦味が出てきますが、アクセントになっています。
(ぬる燗は、かなりお手柔らかなコメントでした。)

開栓一年常温放置後のコメント
色合いは、少し濃くなっていますが綺麗な輝きのある色合いです。
冷蔵庫から出した直ぐの冷えた状態で、苦味が少し出ているようですが
するすると入ります。
ぬる燗で、苦味と酸味が突出してしまい、甘味も一瞬感じますが
平板にすっと流れさってしまい、膨らみのある旨味が
感じられませんでした。
燗ざめ、酸味が柔らかく苦味も飛んで美味しいです。
*あくまでも開栓一年以上常温放置後(夏場も)のコメントです。

使用米:二本松産華吹雪 精米歩合:69% 日本酒度:+2 酸 度:1.9 酵 母:大七酵母 アルコール分:15度
500ml 1890円

追記:生もと、山廃系で燗をして物足らないお酒の燗冷めが
   美味しく感じる事例が、対象の少ない中で確率が多いように
   思います。なぜ? 今後のテーマにします。
[PR]
by oyameike | 2007-10-10 23:11 | 地酒 | Comments(0)

鷹勇 純米酒 70% 17BY 新発売

キリッとした辛口でしっかりとした酸味があり、
じっくりと熟成された深い味わいもあり1.8L 2000円で
この完成度の高さはさすがです。
料理の邪魔にならず、しかも飲み飽きせずに、
じっくりと飲むほどに美味しさのわかるお酒です。
a0109453_043216.jpg


以前から「鷹匠」という山田錦70% 1.8L 2000円の
お酒が発売されていました。
アルコール度数が14度代で、熟成香がわりとあったので
苦手な方もおられましたが、
新発売の純米酒70%なら親しみ易く、
さり気無くしみじみとした旨さを感じていただけます。

鷹勇 純米酒 70% 17BY 1.8L 2000円 
720ml 1000円  300ml 400円
使用米:山田錦、五百万石 精米歩合:70% 日本酒度:+4.5 
酸度:1.5 アミノ酸度1.4 酵母:協会9号 もろみ日数:24日 
アルコール分:15~16度
鳥取県東伯郡東伯町浦安 大谷酒造株式会社 
[PR]
by oyameike | 2007-10-07 00:43 | 地酒 | Comments(0)

日向あくがれ 秋原酒 無濾過・無調整 芋焼酎 36度

送っていただきました見本を試飲いたしました。
まず「生」で、新酒らしい荒々しいガス臭、干し芋に付いている粉の甘い香り。
最初に濃醇な甘味がドッと押し寄せ、ホロホロと咽喉を滑っていきます。
甘い香りとコゲ臭が混然と長く余韻として残ります。苦味も少し残ります。
おすすめの熱いお湯割り(5:5)で香ばしいコゲ臭と温度が下がるほどに甘味を強く感じます。芳醇な旨味が充分に感じられ舌に残る甘味が愛おしいです。
ロックだと味の幅があるのは感じられますが甘味が抑えられ苦味が突出してしまいます。
水割ではさらに平板な感じで旨味がほとんど感じられなくなります。

案内より:「本製品は平成19年9月24日に蒸留された新酒です。
今年は例年より芋の出来が大変良く、非常に良いもろみができました。
濃厚な芋の甘味と蒸留したてならではの苦味・渋味等を楽しんで頂けるよう、
無濾過無調整でのご提案をさせていただきます。また、開栓後の熟成していく変化も
楽しんでいただければと思います。おすすめの飲み方としましては、
熱いお湯割りもしくは燗冷ましにてご賞味いただければと考えております。
また、熟成がすすむ度にそれに合った飲み方が出てくるかと存じます。
また、蒸留したての香りをお楽しみいただけるよう、年に一度の受注生産とさせて頂きます。」

日向あくがれ 秋原酒 無濾過・無調整 芋焼酎 36度 1.8L 4800円
原材料:いも・米麹「白麹」 *化粧箱は付いていません。
10月下旬蔵出し、ご予約受付中:10月15日締め切り
宮崎県東郷町 富乃露酒造店
[PR]
by oyameike | 2007-10-06 00:00 | 焼酎 | Comments(0)

五一わいん 収穫の詩2006コンコード無添加新酒

「五一ワイン」長野県塩尻・林農園さんの
酸化防止剤無添加、コンコード種のやや甘口赤ワインです。
a0109453_22531336.jpg

昨年の新酒ワインで、1本だけ冷蔵庫に残っていたのを
お持ち帰りしていただいています。
(国産新酒ワインがぼちぼち入荷してきましたので)

昨年秋の入荷時に飲んだ時は、
甘味が強く、疲れた体に美味しかったです。

暑くなってきてからは、冷蔵庫で保管していましたが
無添加なので酸化が心配でしたが
良い状態で、甘味が抑えられ味わいに
深みが少し出ています。
渋味が全く無くぶどうジュースのようで
物足りないですが、
お酒の弱い方や、飲みやすいワインをお探しの方には
おいしく飲んでいただけます。
[PR]
by oyameike | 2007-10-03 22:59 | ワイン | Comments(0)

芳水 冷卸 熟成生詰純米酒 播州山田錦&備前雄町

この蔵元の「ひやおろし」は味を見て出荷が決まるようで
今年は、9月29日にやっと入荷。待った甲斐がありました。
「山田錦」が特におすすめです。
冷やして飲むなら「雄町」です。
共にコストパフォーマンス抜群です。
*今年からラベルが新しくなりました。

播州山田錦 
穏やかに丸く落ち着いており、味わいのバランスも秀逸でヴォリューム感、
味のふくらみも申し分ありません。
価格以上の味わいがあります。
使用米:兵庫産山田錦 精米歩合:60% アルコール分:15.6度 
酵母:9号系 日本酒度:+1.0 酸度:1.7 アミノ酸度:2.0
(予定値) 1.8L 2415円  720ml 1155円
a0109453_23304755.jpg


備前雄町
まだ溌剌としたフレッシュ感を感じます。
熟成によるしっとりと落ち着いた味わいも感じます。
数値程の酸味は感じなく、味のヴォリュームに甘味と共に
バランス良く旨く溶け込み馴染んでいます。
使用米:備前雄町 精米歩合:60% アルコール分:15.6度 
酵母:9号系 日本酒度:+2.0 酸度:2.0 アミノ酸度:1.8
(予定値)1.8L 2415円  720ml 1155円
a0109453_23313630.jpg


芳水酒造有限会社 徳島県三好郡三好町
[PR]
by oyameike | 2007-10-01 23:32 | 地酒 | Comments(0)