おやめいけのヘロヘロ酒日記

oyameike.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

黒麹 あくがれ

本日、富乃露酒造店さんより案内と見本が届きました。

「黒麹 あくがれ」 25度 1.8L 2800円 720ml 1480円
5月20日発売予定 1.8L 2500本 720ml 3000本 
製造本数が少量の為、本年度は一度の御受注並びに御発送を予定。
「日向あくがれ」の出荷本数を基に数量調整。

案内より「本製品は好評を頂いております『日向あくがれ 黒麹 むろか』を約二年間熟成させ、商品化いたしました。原料には、米麹は東郷町のコシヒカリ等・芋は児湯郡内のコガネセンガンを使用しています。また、芋栽培には蒸留残渣を有効利用した完熟堆肥を使用し、通常より味や香りに甘さをもったコガネセンガンで仕込みました。濃厚な芋の風味を、お湯わりもしくは熱燗にてご賞味いただければと考えております。」

試飲しました。
『生』で:とろりと分子レベルまで肌理細やかに感じます。
濃厚で図太い芯がズドーンときて、柔らかな甘味が拡がります。
後味に無濾過の焦げっぽい香りが残ります。

お湯わり、熱燗は後日に。

最近、新しい銘柄をあまり試していないのもありますが
久々にインパクトのある芋焼酎に出会えました。

店頭で試飲出来ます。
[PR]
by oyameike | 2008-04-28 23:02 | 地酒 | Comments(0)

体に良い?オーガニックな煙草

いつも地酒を買いに来られるお客さんの
問い合わせで取り寄せたたばこです。
未知の分野では、お客さんの問い合わせに
ヒントをいただきます。
最近は、すぐにネットで調べられるので楽ですが、
パソコンのない時代は、輸入元や醸造元を調べるのも
一苦労しました。

ナチュラル アメリカン スピリット オーガニック 390円
a0109453_071210.jpg

・厳選された高品質なタバコ
・無添加・無香料、合成保存料不使用
・加工・処理を加えない天然タバコ葉使用
・従来のタバコに比べ約25%も多いタバコ葉
・くず葉を再生したシートタバコは使用しません
・くず葉そのものの再利用もしません
・茎など、葉以外の部分は使用しません
・薬品によるタバコ葉の膨張処理は行いません
100%有機栽培の認定を受けたオーガニックタバコ葉でつくられた
唯一の銘柄です。

お客さんの話によれば、葉が詰まっているので1本吸いきるのに
時間がかかる。
火が付きにくかったり、消えやすいがこれは、燃焼促進剤を
使用していないから。だそうです。

体によさそうと思ってしまうが
ニコチン、タールは含まれているので、
やはり吸い過ぎには注意です。
[PR]
by oyameike | 2008-04-26 00:08 | 戯言 | Comments(0)

お取り寄せのワイン

前々から気になっていたワイナリーのワインを
ワイナリーから直接お取り寄せしました。
a0109453_0111647.jpg


右のロゼをいただいております。

栓は王冠。抜くとポン!シュワ~っと液面が盛り上がってきます。
急いでグラスへ注いで、、、結構泡立ちます。

最初は、味わいも中途半端で素っ気無く、???でしたが、
飲んでいくうちに、違和感無くすーっと自然に飲み続けていました。
この感覚、何の意識もなくあるワインを飲み、初めは「薄いワインやな」と
思っていましたが飲むうちに体に染み入るように感じ
いつまでも飲んでいたいと思いました。
ビオワインの初体験でしたが、この時の感覚に似た所があります。

気がつくとボトルが空いていました。
心は早や山梨のワイナリーへ飛んでいます!
[PR]
by oyameike | 2008-04-23 00:36 | ワイン | Comments(0)

百楽門どぶろく 生酒

百楽門どぶろくなま 720ml 入荷。
a0109453_2333454.jpg

夏向けにガスが強め。
*噴出す恐れがありますので開栓注意

もろみを漉していない米粒がそのまま残っている
本当の「ドブロク」です。酒税法上も「そのた雑酒」)
奈良県神社庁の委託で御新酒(どぶろく)を醸造されています。
a0109453_23341242.jpg


サンプルも入れていただいておりますが、日曜日(禁酒の日)に
大倉本家さんで飲みましたので本日禁酒。
コメントはまた後日に。

百楽門 どぶろく 生酒 720ml 1575円  
日本酒度:-8 酸度:2.1アミノ酸度:2.0 アルコール分:14.5% 
精米歩合:70%
[PR]
by oyameike | 2008-04-21 23:34 | 地酒 | Comments(0)

大倉本家さん訪問

昨日は、「大倉」「金鼓」醸造元、大倉本家さんへ
お邪魔してきました。

a0109453_7563627.jpg


再度、19BY新酒を一つ一つきき酒しながら、
社長さんに感想を述べ、話をさせていただきました。
蔵できき酒したのは、開栓から少し経っていたのもあり
酸味もだいぶ落ち着いていたようです。
社長さんもおっしゃられていましたが
「全体に綺麗に線が細くなった」

初めて仕込まれた五百万石75%精米の辛口純米酒が、
大倉さんらしくないのですが、ほのかな香り、甘味、キレが
良かったです。夏前に出される予定。
(夏場は超辛激戦になりそう)

18BY 雄町50%(14号酵母)の生熟成も面白い熟成香がありました。
社長「14号の特性じゃないですが」
18BY生熟のサンプルもいただいて帰りましたので
熟成された大倉、楽しみです。

最近ブログもされていてます。(今日教えてもらいました)
http://blog.livedoor.jp/ookura_honke/
[PR]
by oyameike | 2008-04-21 08:06 | 地酒 | Comments(0)

篠峯 愛山 純米大吟醸 無濾過生原酒

4月21日蔵出し開始ですが、
他のお酒との発送の関係でお気遣いいただき
一足早く本日入荷いたしました。
a0109453_23253151.jpg


「愛山」という酒米は、灘の大手蔵が独占していた兵庫県で栽培される幻の酒米です。
「十四代」が使用して一躍有名になりました。
「篠峯」千代酒造さんでも昨年度18BYに初めて仕込まれ、今年で2年目になります。
年に一度だけの予約分だけの蔵出しとなっています。

昨年度は、9号酵母+自社酵母で仕込まれていましたが
今年は、9号酵母単独です。
少し華やかな香りがあります。爽やかな甘味と独特の酸味に特徴があります。
甘味とともに味わいが膨らみます。
収斂するような酸っぱさやツンとした感じが全く無く、
柔らかで自己主張はしていないのですが、一歩引いた所でしっかりとした
存在感を示している『酸』の出方が面白いです。

火入れ熟成されたらどうなるのだろう?
そういえば、18BY は「生酒」だけでしたが、
もしかして密かに熟成されているのかも・・・

篠峯 愛山 純米大吟醸 無濾過生原酒 19BY 1.8L 4988円 720ml 2494円
使用米:愛山 精米歩合:40% アルコール分:16.8% 日本酒度:+2.5 
酸度:1.8 アミノ酸度:0.9 酵母:9号
千代酒造株式会社 奈良県御所市櫛羅
[PR]
by oyameike | 2008-04-19 23:44 | 地酒 | Comments(0)

山鶴 純米吟醸生酒

本日、入荷は
山鶴 純米吟醸生酒
a0109453_23214997.jpg


全量、純米酒だけを醸しておられます。
当店から車で10分少しの距離で一番近くにある蔵元さんです。
ちょこちょこお酒を取りに伺うと、
瓶詰めされていたり、瓶燗されていたり、
出荷の荷物が山積みになっていたりお忙しそうです。
a0109453_2330629.jpg

瓶燗の様子です。

山鶴 純米吟醸生酒 1.8L 2940円  720ml 1365円
中本酒造店 奈良県生駒市上町
[PR]
by oyameike | 2008-04-18 23:31 | 地酒 | Comments(0)

アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール アリゴテ2006

シャブリの生産者でアリスとオリヴィエのカップルが造っています。
a0109453_2333217.jpg


「アリゴテ」はブルゴーニュで古くから栽培されている白ワイン用の葡萄品種で、
シャルドネに比べて安ワインのイメージがあります。
*カクテル「キール」はカシスとこのアリゴテのワインから造られます。

綺麗な黄金色ですが、少し濁っているようにも見えます。
綺麗な蜂蜜の香りを瞬間嗅げます。
微かに炭酸ガスも感じ、素っ気無く、酸っぱい!
飲んでいるうちにどんどん柔らかく美味しく、
スーッと入っていきます。

某ポイント92点やシャブリの両巨匠に挟まれて紹介などと
逸話もありますが、
頭で飲む情報抜きに、飲むと大ファンになってしまいます。

「リゴテール」はフランス語で『引き寄せる」という意味だそうで、
可愛いラベル(ビオワインに多いですね)の絵とかけています。

インポーターさんの紹介です:
アリスとオリヴィエの若いカップルが作る素晴らしいシャブリを、さいわい1996ヴィンテージから日本市場に紹介してまいりました。年を追うごとに彼らのスタイルは、よりヴァン・ナチュールに向かって完成度を高めてきました。2000年ですでに、『ワイン・アドヴォケイト』でACシャブリとしては異例の高い評価を得ましたが、2002年は間違いなく彼らの最上のワインとなりました。2002年がシャブリにおいて稀な良年であっただけでなく、彼らが独自のスタイルを完成したことにより、これまでで最上のワインとなったのです。 
ヴァン・ナチュールに向かっていったのには、面白い裏話があります。ニューヨークに本拠地を置き、クルトワやクロ・デュ・テュエ=ブッフを輸入しているヴァン・ナチュール専門のインポーターが、2000年にこのドメーヌの近くに引っ越してきました。そのインポーターとオリヴィエが親しくなるのに時間はかかりません。まもなく、クルトワの実家が近くにあることをとおし、クルトワとオリヴィエの交流が始まりました。2002年、アリス&オリヴィエは、酸化防止剤非使用で醸造し、ノンフィルターでビン詰めをしました。2003年6月にパリのさるレストランでヴァン・ナチュールの造り手が集まり、レストラン向けの試飲会を催しましたが、新しいスタイルで出発したアリス&オリヴィエ・ド・ムールのワインは、アリゴテやソーヴィニョン・サンブリをはじめと
するいずれのキュヴェも、レストラン関係者たちから大絶賛を博しました。
[PR]
by oyameike | 2008-04-17 23:36 | ワイン | Comments(0)

大倉 特別純米オオセト60% 無濾過生原酒 19BY

大倉 特別純米オオセト60% 無濾過生原酒 19BYが先日、入荷。
a0109453_19575687.jpg


一緒に、今年の新酒のサンプルも入れていただいており
本日、ゆっくりときき酒させていただいた。

大倉 特別純米オオセト60% 無濾過生原酒 1.8L 2310円
    香川県産オオセト 精米歩合:60% 酵母:協会701号 
    日本酒度:+5 酸度:2.3 アミノ酸度:1.5 Alc:18.0度
   温度が上がってきて、甘味と味わいのボディが出てくる。
   後口に少し大倉独特のやや雑味のある酸味と苦味が残るが
   もう充分に美味しく飲める。
   
大倉 純米吟醸ヒノヒカリ50% 無濾過生原酒
    自家栽培ヒノヒカリ 50% 協会901 +3 1.9 1.4 18.1度
   麹香が全面に出て、後から旨みが顔を出す。
   香りが落ち着いてくるとバランスも良くなりそう。

大倉 山廃特別純米 雄町70% 直汲み本生
   備前雄町 70% 協会701 +5 2.5 1.9 18.5度
  最初に酸味が立ち、味わいの輪郭が見えてこない。
  まだまだ飲めない、秋以降~もっと先か。
  毎年この仕込みが一番出来が良かったので、少し残念。
  
大倉 山廃純米吟醸 山田錦50% 直汲み本生
   兵庫県産山田錦 50% 協会901 +7 2.2 1.1 16.6度
 まだ酸味と苦味が先に立ち、9号系の香りとアンバランスのように感じる。
 (18BY は、14号酵母ではっきりとアンバランスでした。)
 甘味と旨味が少し顔を出し、熟成に期待。

全体に大倉香とでも言うべき香りが強く出ていて、
味乗りは、何時もながら2年後?
現時点では、オオセトがおすすめです。

大倉本家 奈良県香芝市鎌田
  
[PR]
by oyameike | 2008-04-16 20:42 | 地酒 | Comments(0)

さくらさらさら

ソメイヨシノは、終わりましたが、
吉野山・奥千本、八重桜は見頃でしょうか。

桜の吉野の酒蔵より、
桜の花の入ったリキュールです。
a0109453_10342380.jpg


a0109453_10352724.jpg

さくらさらさら 500ml 1200円
奈良県吉野郡吉野町 北岡本店
[PR]
by oyameike | 2008-04-15 10:36 | その他のお酒 | Comments(0)