おやめいけのヘロヘロ酒日記

oyameike.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

僅かですが半期感謝のセット

今年ももうすぐ半年が過ぎます。
この半年、当ショップをご利用いただきましたお客様に
僅か5セットだけですが抽選販売させていただいています。
お申し込み方法はメールマガジンにて。

a0109453_759363.jpg

月の中 芋焼酎 25度 720ml 1418円
三段仕込 麦焼酎 25度 720ml 1418円
岩倉酒造場 宮崎県西都市
[PR]
by oyameike | 2008-06-22 08:01 | 焼酎 | Comments(0)

art of shocyu 大金の露

新ラベルがチャンピオンベルト(蔵元談)みたいになりました。
『金計佐』が話題になった?蔵元です。
小さい画像が昔のラベルです。
a0109453_14361251.jpga0109453_14364249.jpg

HPを拝見して驚きました。
昨年、新しい蔵『art of shocyu』が完成されたそうで、
海外のワイナリーか蒸留所の様です。
http://www.shinhira.co.jp/product/index.html

「家族で細々と造っておられる」と勝手に想像しておりました。
(失礼いたしました。)
鹿児島で片手に入るくらいの製造量があるそうです。
と、どこぞのホームページに書いてありました。
ほとんどが麦焼酎らしいですが。

肝心の味わいですが、最初、水臭さく薄く感じましたが、味わいが膨らんで
余韻の甘さが延々残ります。

大金の露 芋焼酎 25度 1.8L 2150円 900ml 1150円
鹿児島県鹿児島県曽於郡大崎町 新平酒造株式会社
[PR]
by oyameike | 2008-06-20 14:38 | 焼酎 | Comments(0)

宮崎の新しい焼酎蔵 西の都 芋焼酎

宮崎県西都市に新しい焼酎蔵が出来ました。
銘柄は「西の都」西の都酒造株式会社です。
http://www.nishinomiyako.co.jp/index.html
(西都市の岩乃鶴酒造さんを神楽酒造さんが買収してという
経緯だったと聞いています。)

きれい、柔らか、なめらか、穏やかでバランスが良く喉へするするとすべりよく流れていきます。その後、甘味がグッと押し寄せ、最後に上顎に少しだけ苦味が残ります。

a0109453_10524854.jpg

1.8L 1920円  900ml 1030円
[PR]
by oyameike | 2008-06-19 10:53 | 焼酎 | Comments(0)

奥播磨 純米吟醸 夏の芳醇超辛 生酒

かなり辛口に感じますが柔らかな酸味があり、奥底にほのかな甘味も感じます。少し水っぽく感じ、すっと飲み口の爽やかなお酒です。

先日、神戸での奥播磨きき酒会で
辛口の「赤」、「黒」、「青」を比較しました。
日本酒度は、赤+10.0、黒+13.5、青+12.5
米は「赤」と「青」が麹に山田錦、掛に夢錦、「黒」が全量夢錦で仕込まれています。
「黒」が一番ドライでシャープでした。
「青」は、薄く感じました。アミノ酸度:1.4で一番低いです。
個人的には「赤」の旨味を感じるバランスの良さが一番好きです。

a0109453_9372737.jpg

奥播磨 純米吟醸 夏の芳醇超辛 生酒 1.8L 3,255円
使用米:山田錦・夢錦 精米歩合:55% アルコール分:17.3% 日本酒度:+12.5 
酸度:1.8 アミノ酸度:1.4 
兵庫県姫路市 下村酒造店
[PR]
by oyameike | 2008-06-18 09:45 | 地酒 | Comments(0)

久々の大和桜

久々に入荷の大和桜をいただきました。
個性を主張することも無く、さりげなくしみじみ旨いです。
ほんと綺麗にバランスよく旨味と甘味も充分にあるのですが、
なぜか飲んでいることを意識させないところがあります。
なんとなく懐かしく、「ホッ」と自然体で力を抜いて、
ただそこにあり、そのことを意識せずに飲める焼酎です。
と、書いている事自体が薀蓄なのかもしれませんが・・

麹米は国産米を甑で蒸し手造り、1次、2次仕込とも全量かめ壺仕込です。

a0109453_19154012.jpg

大和桜 本手造り 芋焼酎 25度 1.8L 2,300円
鹿児島県いちき串木野市 大和桜酒造株式会社
[PR]
by oyameike | 2008-06-15 19:17 | 焼酎 | Comments(0)

旭 万年星 はだか麦焼酎

年に一度の「万年星」が入荷。
いつもは、納入させていただいている料飲店さんで一杯飲むだけ。
去年より少し多く分けていただいた。
今年は、自分用に1本欲しいな。

a0109453_227031.jpg


ラベルより:
『麦の如く、麦らしく・・・初代の志受け継ぐ「万年星」
当酒造場の初代・渡邊壽賀市(すがいち)は、愛媛県伊方村から大志を抱いて渡米、
踏まれても立ち上がる麦穂のような努力の末、林業で成功し故郷に錦を飾りました。
大正時代、宮崎県へと渡った壽賀市は、田野町で焼酎蔵を創業。そして現在、
子孫である私たちは、父祖伝来の地・愛媛で栽培されたはだか麦の新品種「マンネンボシ」で、この常圧麦焼酎万年星を醸しています。稈が強く倒れにくく、
"萬年にわたり輝く"との意味が込められたという「マンネンボシ」に、
私は初代を想います。

「ふるさとの麦で造りたい」・・・それが始まりでした。
「ふるさとのはだか麦で造りたい」・・・それが初代の志を知る祖父の願いでした。
百年以上に渡るはだか麦栽培の歴史を持つ一大生産地だった愛媛で、
祖父は麦畑を見て育ったのです。私と父はその願いをかなえるべく、
取り組みを開始しました。選んだはだか麦は「マンネンボシ」。
蒸し・制麹は二代目の祖父から指導を受け私が、蒸留は三代目の父が担当。
郷土の麦で造れたことに深い喜びを覚えます。昔から高い品質だと祖父が語る
愛媛県産はだか麦ならではの豊かな香り、濃厚な旨味の万年星をじっくりとお楽しみください。

平成十六年初夏に 渡邊酒造場・四代目 渡邊幸一郎』


旭 万年星 麦焼酎 25度 1.8L 2480円
宮崎市 渡邊酒造場
醸造年度:19BY 原材料:はだか麦、はだか麦麹 蒸留:常圧
[PR]
by oyameike | 2008-06-03 22:08 | 焼酎 | Comments(0)