おやめいけのヘロヘロ酒日記

oyameike.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

タケダワイナリー サン・スフル デラウェア白 微発泡2012

タケダワイナリーサンスフル2012年 新酒 微発泡 白
a0109453_0583628.jpg
 

昨年のコメントです:結構濁っておりグラスの向こうが見えない位です。
口に含むと炭酸ガスがジュワ~~っと結構強めですが自然で優しくデラウェアの果実味と
甘味を伴って拡がり、味わいをスッと切っていきます。

裏ラベルより:「このワインは、山形県産の完熟したデラウェア種100%を使用しています。山形で栽培の盛んなデラウェア種、しっかり栽培・醸造したものには華やかな香りと奥行きがあります。亜硫酸を使用しない『サン・スフル』で醸造を行い、アンセストラル法により微発泡ワインに仕上げました。この製法は、発酵中のワインを瓶詰することで、酵母が生んだガスがワインに溶け込み発泡ワインになることです。天然のきめ細やかな泡が、デラウェアのフレッシュな香りをますます引き立てています。また、ろ過をしないで瓶詰めすることで葡萄由来のにごりが残り、それが格別な風味となっています。1本1本それぞれの瓶の中で育まれた、生き生きとした味わいをどうぞお楽しみください。」

750ml 1680円
アルコール分:10%
山形県上山市 (有)タケダワイナリー
[PR]
by oyameike | 2012-11-28 01:00 | ワイン | Comments(0)

百楽門 濁酒

百楽門 濁酒 火入と生原酒  24BY新酒入荷いたしました。
a0109453_23365725.jpg



500年前の手法「水もと仕込」で仕込まれたお酒です。
発酵したモロミを搾らずに瓶詰めされていますので、
米粒がそのまま残っています。ドロリとした米粒を食べる感覚のお酒です。通
常のもろみを漉した「清酒」のオリ酒とは違い、酒税法上も「濁酒(どぶろく)」です。
オリ酒とは異なります。

毎年11月23日に全国の神社において、新穀感謝祭(新嘗祭)が行われます。
これはその年に収穫された新穀を神様にお供えし、
豊作を感謝する儀式で古事記にも記載されています。
こちらの蔵元では、平成13年から奈良県神社庁の委託により、
御神酒濁酒を醸造されています。

百楽門 濁酒 火入 1.8L 2500円  720ml 1250円
        生原酒 1.8L 3150円  720ml 1575円
奈良県御所市 葛城酒造株式会社
[PR]
by oyameike | 2012-11-26 23:40 | 地酒 | Comments(0)

純米 お燗好き 隈取ラベル 23BY

純米 お燗好き 隈取ラベル 23BY
a0109453_1463777.jpg


数量限定で発売になりました。
きれいな味わいの中にも、ぐっとくる酸味があります。


1.8L 2415円 720ml 1208円
アルコール分:15.0度以上16.0度未満
精米歩合:70% 日本酒度:+3前後
酸度 / アミノ酸度:2.2前後 /1.2前後
酵母 / 協会701号
奈良県香芝市 ㈱大倉本家
[PR]
by oyameike | 2012-11-23 14:08 | 地酒 | Comments(0)

風の森 純米 秋津穂 新酒入荷

御所市 油長酒造さんより早くも、
風の森 純米 秋津穂65%しぼり華
(無濾過無加水生原酒)24BY新酒入荷いたしました!
a0109453_14163168.jpg


1.8L 1995円 720ml 997円
朝から奈良三条店へも搬入済です。
[PR]
by oyameike | 2012-11-11 14:15 | 地酒 | Comments(0)

井筒 無添加 にごり生ワイン 2012年

井筒 無添加 にごり生ワイン 2012年新酒が入荷いたしました。
a0109453_0112420.jpg
a0109453_0113995.jpg
ナイアガラ白とコンコード赤です。
酵母菌を生きたまま瓶詰めしていますので微発泡です。
甘口のぶどうジュースのようなフレッシュな味わいで親しみやすいワインです。

長野県塩尻市 ㈱井筒ワイン
[PR]
by oyameike | 2012-11-10 00:16 | ワイン | Comments(0)

金鼓 伝承水もと仕込み 濁酒 生

金鼓 伝承水もと仕込み濁酒生 穴開栓 1.8L 24BY新酒
a0109453_822064.jpg


濁酒(どぶろく)は酒税法上「雑酒」免許に分類され、『清酒』の製造免許とは異なります。
こちらの蔵では、昭和3年より奈良県神社庁の委託により「新嘗祭用の濁酒」を醸造されてきました。
この濁酒の「もと」は水もとといわれ、生米を木桶の水に浸け、
その中に柔らかく炊いた米を酒袋(布袋)に入れ、中で揉んで糊状にします。
でんぷん質が溶けだした水を乳酸発酵させて、「そやし水」をつくります。
この際一般の清酒造りに使用される「販売されている酵母」を一切添加をせず、
完全に蔵付酵母だけで発酵させます。

もちろん仕上がったもろみは「漉して」いないので米粒が残っており、
柔らかくなった「米粒を食べながら飲む」といった感覚で、クセになってしまいます。

1.8L 2700円  720ml 1350円
原料米:岡山県産アキヒカリ 精米歩合:65% 日本酒度:-30前後 酸度:3.0前後 アミノ酸度:3.0前後 酵母:自社蔵付き酵母 もろみ日数:15日 アルコール分:12.0度以上13.0度未満
㈱大倉本家 奈良県香芝市鎌田
[PR]
by oyameike | 2012-11-05 08:23 | 地酒 | Comments(0)